解約したAWSアカウントを再開したら無料利用枠がリセットされた件

スポンサーリンク

新しくサーバ構築しようと考えたときに、真っ先に候補として思い浮かぶのがAWS。
私も個人的な開発用サーバ環境として、AWSを契約しています。
しかし、他のVPSサーバ等のサービスと比較すると費用がかかり、月々の負担がほんの少しだけ辛いです。
ちなみに以前は、さくらインターネットのVPSサーバを愛用していました。

もう少し手軽にサーバを立てたい!という私の願いに沿った、AWSの一番のメリットは、登録してから1年間は無料でサービスが利用できるということです。
そのため、無料利用枠の期間だけ契約し、1年経ったら解約することで、お金をかけずにサーバを利用していました。

しかし、解約した後で偶然知ったところによると、解約前に登録していたメールアドレスを使用して、AWSを再登録することはできないとのこと。

普段からメインで使用していたメールアドレスでアカウント登録していたため、もし今後気が変わって再登録が必要になった場合に備えて、
ひとまずアカウントの再開申請をし、メールアドレスを変更してから再度解約しようと考えました。

AWSアカウントの再開申請はどこから?

AWSアカウントの再開申請の方法について調べてみたところ、どうやらAWSのサポートセンターに連絡する必要があるとのことでした。
以下のように簡単に要件を伝えて、返信を待ってみました。

お世話になっております。
先日アカウントを解約したのですが、再開したいと考えております。
お手数ですが、アカウントの再開手続きをお願いできないでしょうか。
以上、よろしくお願いいたします。

再開申請は土曜日に行ったため、翌週の月曜日に以下のように回答が返ってきました。

ご担当者様

平素は大変お世話になっております。
AWSカスタマーサービス ** と申します。
お問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。

アカウント再開は当窓口で承っておりますので、
ただ今本アカウントを再開させていただきました。
再開に伴い、マネジメントコンソールへのアクセスが可能となっております。

サービスのサインアップが必要になりますので、
以下のリンクをクリックしていただきますようお願い申し上げます。

尚、再開と共にご所有のリソースのご利用料金が発生することがございます。
アカウント再開後はまずログインいただき、
サービスご利用状況をご確認いただくことをお勧めいたしております。

その他ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。
何卒よろしくお願い申し上げます。

Amazon Web Services

サポートの方、ご丁寧にご連絡いただきありがとうございました。
連絡されたとおりに再サインアップしたところ、しっかりアカウントが復旧していることを確認できました。

そして、当初の目的であるメールアドレスを変更して、最後に色々弄っていたところ…
無料利用枠1年間のカウントもリセットされていることが判明!

ちなみに無料利用枠の確認方法は、以下のAWSの公式ブログに記載されています。

AWS アカウント 無料利用枠の確認方法について | Amazon Web Services
みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   今日は弊社サポート部門に多くお問い合わせをいただく、AWSアカウントの無料利用枠についてまとめの情報をご案内します。 AWSには無料利用枠というものが設定されており、ハンズオンイベントなどでまずAWS...

何故もう一度無料で使えるようになったの?そういう仕様?

どうして無料利用枠がリセットされたのかについては、特にサポートへの問い合わせはしていないため、残念ながら詳しい理由は不明です。
しかし、他にも同様の事象が無いか調べてみたところ、AWSアカウントを作り直すことで無料で使い続ける方法が紹介されていました。

そのため、本来はAWSアカウントごとに契約情報が紐付けられており、一度解約したことで、契約情報の一部がリセットされてしまったのではないかと推測しています。
あくまで推測です。根拠は特に無いです。違ってたら申し訳ありません。

AWSのサービスは日々進化を続けているため、もう一度同様の方法が再現できるのかについても不明です。
継続的にサーバ環境が必要な方は、一か八かの抜け道を探すのではなく、しっかりと月々の課金を行うことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました